カタログ
News 製品紹介 Q&A お役立ち情報 講習会 取扱店 top




絵具全般
油彩
アキーラ
水彩
その他絵具
画用液
道具
技法
保存・補修
その他


■アキーラ
質問カテゴリー
アキーラについて
アキーラとの併用について (アキーラ+油絵具)
アキーラとの併用について (アキーラ+その他絵具)
支持体について
アキーラオプションメディウムについて
TOP
「アキーラについて」質問一覧
Q1  一度にアキーラを厚塗りしてもヒビ割れしませんか。
Q2  アキーラで盛り上げた表現はできますか。
Q3  ラッカー塗料と比べて、塗膜強度はありますか。
Q4  水の変わりに、無水アルコールで溶くことはできますか。
Q5  エアブラシで使用できますか。
Q6  アキーラは「再溶解する」と書いてありましたが、水彩絵具と同様にパレットに出したままでも大丈夫ですか。
Q7  アキーラはアクリルの一種ですか。
Q8  アキーラ同士の混色はできますか。
Q9  アキーラだけを使用した作品でクラッキングが起こる可能性はありますか。
Q10  アキーラはマットな感じで仕上がりますが完全ではなく、もっとつや消しに仕上げたい場合、どうすればよいでしょうか。
Q11 

アキーラに石の粉などを混ぜて使いたいのですが、どのくらいまで混ぜても大丈夫ですか。

Q12  アキーラでグレーズしたい場合、絵具を何で希釈すれば良いでしょうか。
Q13  アキーラは固まった後にべたつくことはありますか。
Q14  アキーラで描いた作品に完成後しばらくして加筆したい場合、何か塗る必要はありますか。
Q15  チタニウムホワイトとCPホワイトの違いは何ですか。

Q1: 一度にアキーラを厚塗りしてもヒビ割れしませんか。
A: アキーラは滑らかさが身上の絵具なので、一度にそんなに厚く塗ることはできないはずです。
アキーラにできる高さまでの厚塗りならばヒビ割れしませんが、パウダーや砂状のものを加えて強引に厚塗りするとヒビ割れのリスクが伴います。
TOP

Q2: アキーラで盛り上げた表現はできますか。
A: アクリルで使うモデリングペーストのような役割をするメディウムとして「3Dスムースペースト」があります。
モデリングペーストと同じ使い方をしてください。モデリングペーストよりソフトで、鋭いエッジのテクスチュアは得にくいかもしれませんが、ヒビ割れのリスクは軽減されています。
TOP

Q3: ラッカー塗料と比べて、塗膜強度はありますか。
A: (適合した場合の)塗膜強度はラッカー塗料に比べ、耐スクラッチのような物理的強度は勝っています。
TOP

Q4: 水の変わりに、無水アルコールで溶くことはできますか。
A: 無水エタノールでの希釈は可能です。
ただし、塗膜の曇りのような塗装欠陥が生じる可能性があること、一部の顔料については色素の溶出、リコート時に下層の塗膜の部分溶出がある可能性を考慮してご使用ください。
TOP

Q5: エアブラシで使用できますか。
A:
パールゴールド、パールシルバー、パールブロンズの3色以外はお使いいただけます。           
TOP

  


Q6: アキーラは「再溶解する」と書いてありましたが、水彩絵具と同様にパレットに出したままでも大丈夫ですか。
A: アキーラの再溶解性は時間が経過すると共に減少し溶けにくくなります。パレットに出した絵具も一晩放置すれば水彩のような溶けやすさはありません。ですから、出しっぱなしにはできなくても、野外スケッチに絵具を使ったパレットを持ち帰って洗う、といった作業には有効です。乾きすぎて溶けにくくなった場合は食器洗い洗剤を使うと楽に洗えますが、溶けた絵具は再利用できません。
TOP

Q7: アキーラはアクリルの一種ですか。
A: アクリルという言葉は今では無造作に使われるようになりましたが、もともとはアクリル基と呼ばれる(最近はあまり使われない用語ですが)特定の結合のしかたをした炭素と酸素の部分を指し、広くはアクリル酸またはメタクリル酸の重合したものまで含むたくさんの物質グループのことです。

狭義に絵具としてのアクリルをさす場合、そんな物質的なことよりも、一般には「描くときは水で溶くけれど、乾くと水に溶けなくなる絵具」というイメージで使われていると思います。その意味ではアキーラもアクリルの一種といってかまわないでしょう。実際にアキーラの樹脂の分子構造のなかにはアクリルとしての部分構造がちゃんと含まれています。「乾くと」と「水に溶けなくなる」の間に「だんだん」という言葉がはさまるのがアキーラです。
アクリルも各社、少しずつ異なる種類のいわゆるアクリル樹脂を使っていて、その性能はよく調べると違いがあって面白いです。

TOP

Q8: アキーラ同士の混色はできますか。
A: 混色は制限なく自由です。ただし、アキーラ全72色それぞれに個性がありますから、初めは色々試しにお使いいただきたいと思っております。
TOP

Q9: アキーラだけを使用した作品でクラッキングが起こる可能性はありますか。
A: 使い方、条件では可能性がないとは言い切れませんが、油絵具よりはるかに可能性は低いことは保証します。アクリルと同様です。
TOP

Q10:

アキーラはマットな感じで仕上がりますが完全ではなく、もっとつや消しに仕上げたい場合、どうすればよいでしょうか。
A: 顔料パウダーをざっと混ぜると、もっとつや消しになりますが、ヒビ割れしやすくなります。それよりも「3Dペースト」を少し混ぜるほうが発色の状態が変わりますが安全です。
TOP

Q11: アキーラに石の粉などを混ぜて使いたいのですが、どのくらいまで混ぜても大丈夫ですか。
A: 粉体の混入率は、粉の細かさや形状によって様々ですが、アキーラの絵具としての「伸び」が、軟毛の筆を使って支障なく扱えるまでであれば大丈夫です。
パテのようになったら入れすぎで、乾くと確実に割れます。粉体をあらかじめ「アキーラ専用トップコート」でドーナツ生地くらいの硬さに練ったものを混ぜると任意の割合ができますので安心です。
TOP

Q12: アキーラでグレーズしたい場合、絵具を何で希釈すれば良いでしょうか。
A: ウェッティングリキッド(はじき止め)が良いでしょう。
これはツヤを押さえる効果があるので、光沢を付けたい場合はトップコート(仕上げ用コート)を希釈剤としてお使いください。トップコートはやや濃度が高いので、少量の水を加えることも有効です。
TOP

Q13: アキーラは固まった後にべたつくことはありますか。
A: 油のようなものの混入があるとべたつくことはありますが、アクリルのようにタックと呼ばれる癒着現象がおきることはありません。
TOP

Q14: アキーラで描いた作品に完成後しばらくして加筆したい場合、何か塗る必要はありますか。
A:
必要ありません。画の表面をきれいにすればOKです。
TOP

Q15: チタニウムホワイトとCPホワイトの違いは何ですか。
A: チタニウムホワイトは標準的なホワイトで、CPホワイトはその着色力と隠ぺい力を弱めたものです。
その開発のいきさつは油絵具のパーマネントホワイトに似ていますが、得られた効果はより徹底しています。CPホワイトは単独でも混色でも、下の層を透かす技法などに適しています。色味は暖色系の白です。
TOP

企業案内リンクプライバシー・ポリシーお問い合わせ