筆の上手な洗い方
1.絵具をふき取る

筆についた油絵具を布やティッシュでよくふき取ります。
絵具がついたままの筆をブラッシクリーナーで洗うと、クリーナーがすぐに汚れてしまいます。

2.ブラッシクリーナーで洗う

筆をクリーナー内でよく動かしたり、底にこすりながら絵具を洗い落とします。時々クリーナー容器から筆を出して、布などでギュッと絞り、再度クリーナーで洗ってください。筆の根元に残った絵具も丁寧に落としましょう。

3.せっけんで洗う

筆にせっけんを全面につけ、手で軽くもむようにしたり、円を描くように動かして洗います。その後、流水できれいにすすぎます。これを繰り返し、筆から絵具の色が出てこなくなるまで洗いましょう。特に付け根の部分をきれいに洗い落としておくと、筆をながく使うことができます。

4.リンスする

「無臭クリーナー」や(特に)「ブラッシクリーナーDX」には、あらかじめリンス効果がありますので、使うだけでしなやかな毛先を保ちます。コリンスキー等の軟毛筆には「ブラシソフター」や洗髪用のリンスを使用すると、筆をながく使うことが出来ます。

注意:

@ 油絵具を使った筆をそのまま放置すると、絵具が乾いて固まってしまいます。
こまめに掃除することが、用具を長持ちさせる秘訣です。
A 万が一筆についた絵具が乾いてしまったら、クサカベの「リムーバーK」を使って絵具を落としてください。
B 無臭クリーナー」は水と混ぜると乳化しますので、混合併用は避けてください。